<PR>

2022.02.03

インサイドセールスの2大課題、生産性向上と人材育成を同時に実現する武器とは

人と人との電話応対で成り立つインサイドセールスは、属人的になりがちな業務だ。それ故に組織内での伝承が難しく、人材育成で悩む企業も多い。コロナ禍によって非接触での営業の需要が加速し、リモートワークなど働き方が変化する中、インサイドセールスの生産性を高め、それを担う人材の育成を加速させるにはどうすればいいのだろうか。

 これまでインサイドセールスは、「1日100件の電話をする」といったように、生産性や担当者のモチベーションとは関係ない労働集約的な指標が掲げられている場合が多かった。また、上司からのフィードバックも根拠に欠けるものが多く、担当者が納得感を得られない指導が行われていることも問題となっている。トップパフォーマーのスキルを組織の資産として共有できないまま、転職されてしまうといった課題もあった。

 このようにブラックボックスになりがちだったインサイドセールスから脱し、生産性向上と人材育成を同時に実現する画期的方法を紹介する。例えば、顧客のニーズを引き出すためには話すスピードを顧客に合わせることが重要(理想は±10%以内)で、録音した通話データを分析して担当者が振り返りつつ学ぶことができる。導入4カ月でアポ獲得率が62%、成約率が56%向上した事例も紹介している。詳細を資料で確かめてほしい。

資料ダウンロードのご案内

ブラックボックスになりがちな電話応対をAI分析で可視化!インサイドセールスの生産性向上と人材育成を実現する武器

<主な内容>
・アウトバウンドセールスの機会創出と、営業担当者の育成に課題
・営業活動の可視化・分析で、高いパフォーマンスを出せる組織に
・自動文字起こしと音声解析、外部サービス連携もサポート
・アポ獲得率・成約率アップや新人教育などに貢献するMiiTel
・組織のさまざまな課題を解決するMiiTelの強みとレブコムの戦略

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は株式会社RevComm(同社のプライバシー・ポリシーはこちら)に渡されご案内などに利用させていただきます。ダイヤモンド社のプライバシー・ポリシーはこちら
お問い合わせ

株式会社RevComm

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない