2004年12月号

チームの心理学

「成熟した依存関係」を育む

和田 秀樹 :精神科医

和田 秀樹

精神科医

チーム・メンバーは個々人の利害を超え、目標に向かって結束しなければならない。そのためにリーダーは個と全体のマネジメントが求められる。これには「心理学」のフレームワークが有効だろう。和田氏は精神的プラットフォームとして「成熟した依存」関係の必要性を訴え、ここに「共感する力」「疑う力」を発揮させることで、チームの生産性や創造性、結束力が高まると言う。

和田 秀樹精神科医

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない