2022年2月号

リーダーの役割は組織と仕事の「原点」に立ち返らせることである

[インタビュー]顧客はマクドナルドに何を求めているのか

日色 保 :日本マクドナルドホールディングス 代表取締役社長兼CEO

日色 保

日本マクドナルドホールディングス 代表取締役社長兼CEO

1965年、愛知県生まれ。1988年、静岡大学人文学部卒業後、ジョンソン・エンド・ジョンソン入社。2012年、同社代表取締役社長に就任。2018年に日本マクドナルド上席執行役員チーフ・サポート・オフィサー、2019年3月に日本マクドナルド代表取締役社長兼CEOを経て、2021年3月に日本マクドナルドホールディングス代表取締役社長兼CEO就任。

マクドナルドは日本全国で2900以上の店舗を展開し、約6000人の社員と18万人のクルーが働く、国内最大規模のレストランチェーンである。年齢も国籍もバックグラウンドも異なる多様な人材がチームとして働くために、リーダーは何をすべきなのか。同社の代表取締役社長兼CEOを務める日色保氏は、リーダーが組織のパーパスやミッションを共有し、顧客に価値を提供する仕事ができているかを問い続けて、チームのメンバーを常に原点に立ち返らせることが重要だと語る。
PDF論文:10ページ[約1,627KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない