今回のデータはヘルスケアに関するものだが、基本的なアプローチは他の環境にも一般化できるだろう。注意をそらすだけで目的のないユーモアは、いら立たしいものだ。明らかな礼儀や敬意に欠けるユーモアは、無神経な無視だと受け取られかねない。

 しかし、ユーモアが臨床医と患者の有意義な交流を補う時は、両者を隔てる垣根を取り払うこともできる。医師と患者が笑い合うと、患者は自分を見てくれている、聞いてくれている、一人で苦しんでいるわけではないと感じることができるのだ。


"When Is Humor Helpful?" HBR.org, November 17, 2021.