2022年1月号

サーキュラーエコノミーを実現するビジネスモデルのつくり方

3つの基本戦略を組み合わせる

アタレイ・アタス

アタレイ・アタス

INSEAD 教授

テクノロジーとオペレーションマネジメントを担当。環境とサステナビリティに関するビアンカ・アンド・ジェームズ・ピット記念講座チェア。

セリーヌ・デュマ

セリーヌ・デュマ

アクセンチュア シニアマネジャー

アクセンチュア(フランス)のシニアマネジャー。オペレーションとサステナビリティを担当。

ルク N. ファン・ワッセンホフ

ルク N. ファン・ワッセンホフ

INSEAD 名誉教授

製造に関するヘンリー・フォード記念講座を担当。またINSEADの人道研究グループ、およびサステナブルオペレーションに関する取り組みの責任者も務める。

循環型経済(サーキュラーエコノミー)に関心を持つ企業が増えている。環境への負荷を減らし、事業から排出されるゴミを削減し、貴重な資源をより効率的に使うことは、社会のためになるだけでなく、企業にとっても魅力的である。ただし、その多くがコスト高でもあり、持続可能なビジネスモデルに落とし込むのは簡単ではない。本稿では3つの基本戦略を紹介し、自社にとって財務的に最も持続可能な方向性を判断するためのツールを提供する。
PDF論文:13ページ[約1,934KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない