2022年1月号

戦略なくしてイノベーションは成功しない

ベストプラクティスの寄せ集めは失敗する

ゲイリー P. ピサノ :ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ゲイリー P. ピサノ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハーバード・ビジネス・スクールのハリー E. フィジー, Jr. 記念講座教授。経営管理論を担当。また同校の上級副学長を兼ねている。

イノベーションの重要性は広く認識され、どの企業も膨大な時間と資金を費やしてマネジメントしているものの、十分な成果は上がっていない。長年イノベーションの研究に携わってきた筆者は、問題の根源はイノベーション戦略が欠如しているからだと指摘する。ただし、このイノベーション戦略の立案に万人向けの方法があるわけではない。個々の企業の事業戦略や経営資源を考慮しつつ、構築していくものなのだ。戦略策定に際してどのようなアプローチを取ればよいのか、これまでの調査研究からの知見に基づき、論じている。
PDF論文:12ページ[約1,271KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない