2005年2月号

成長するM&Aの源泉

小さな規模で、継続して行う

デイビッド・ハーディング

デイビッド・ハーディング

ベイン・アンド・カンパニー ディレクター

サム・ロビット

サム・ロビット

ベイン・アンド・カンパニー ディレクター

多くの企業が新たな成長機会を求めてM&Aに手を染める。当初はバラ色に見えたM&Aもいざふたを開けてみると、悪夢に変わってしまうことがしばしばである。M&Aが成長をもたらすケースが少ないのはなぜか。その原因は、自社の競争基盤を正しく理解できていないことだ。それゆえ、コア事業の将来に貢献するような案件ではなく、むしろ足を引っ張るような案件に手を出してしまう。大半が失敗する大型案件に心奪われてしまう理由もここにある。およそ20年間にわたる日米欧1700社の調査から、M&Aを検討するうえで考慮すべき競争基盤を類型化し、どのようにM&Aを活用すべきか、その実践手法を披露する。

デイビッド・ハーディングベイン・アンド・カンパニー ディレクター

サム・ロビットベイン・アンド・カンパニー ディレクター

PDF論文:14ページ[約1,603KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない