2005年2月号

JVの成否は100日で決まる

戦略的提携に大半が失敗する

ジェームズ・バンフォード

ジェームズ・バンフォード

マッキンゼー・アンド・カンパニー コンサルタント

デイビッド・アーンスト

デイビッド・アーンスト

マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

デイビッド G. フビニ

デイビッド G. フビニ

マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

JVや戦略的提携はROIを高める手段として有効である。にもかかわらず、2000件のケースを見てもその成功は半分にすぎない。当初の計画と現実との乖離が足かせになっているのだ。つまずきの原因は提携の立ち上がり段階で初めて現実となる。これを回避するには、シナジーを最大限に発揮しうる資源配分、厳密な事業計画、ガバナンス構築などの初期投資と、関係者が積極的に参加する組織づくりが不可欠である。

ジェームズ・バンフォードマッキンゼー・アンド・カンパニー コンサルタント

デイビッド・アーンストマッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

デイビッド G. フビニマッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

PDF論文:14ページ[約1,806KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない