2005年3月号

ガースナー改革:多様性の戦略

IBMの復活に貢献した「知られざる挑戦」

デイビッド A. トーマス :ハーバード・ビジネススクール 教授

デイビッド A. トーマス

ハーバード・ビジネススクール 教授

ガースナー改革には、知られざる物語があった。それは「多様性」を戦略に位置づけるという取り組みである。雇用の機会均等において進歩的な企業として知られていたIBMだが、ルイス・ガースナーの目には「まだまだ多様性が不足している」と映った。彼は、組織の多様性が高まると、市場の多様性を認識できるようになり、ひいてはIBMの成長に貢献するという好循環が生まれることを知っていた。そして1995年に多様性に取り組むタスクフォースが発足し、その成果が、再生の大きな力となったのである。

デイビッド A. トーマスハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:16ページ[約1,589KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない