2005年3月号

ガースナー改革:多様性の戦略

IBMの復活に貢献した「知られざる挑戦」

デイビッド A. トーマス :ハーバード・ビジネススクール 教授

デイビッド A. トーマス

ハーバード・ビジネススクール 教授

ガースナー改革には、知られざる物語があった。それは「多様性」を戦略に位置づけるという取り組みである。雇用の機会均等において進歩的な企業として知られていたIBMだが、ルイス・ガースナーの目には「まだまだ多様性が不足している」と映った。彼は、組織の多様性が高まると、市場の多様性を認識できるようになり、ひいてはIBMの成長に貢献するという好循環が生まれることを知っていた。そして1995年に多様性に取り組むタスクフォースが発足し、その成果が、再生の大きな力となったのである。

デイビッド A. トーマスハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:16ページ[約1,589KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2005年3月号

識者18人に学ぶ感性のリーダーシップ

賢いEQの鍛え方

ジョン D. メイヤー ニューハンプシャー大学 教授

ダニエル・ゴールマン 心理学者

コリーン・バレット サウスウエスト航空 社長兼COO

スティーブン・ガットスタイン 心理学者

リチャード・ボヤツィス ケース・ウエスタン・リザーブ大学/ウェザーヘッド・スクール・オブ・ビジネス 教授

エルコーノン・ゴールドバーグ ニューヨーク大学 医学部 教授

アンドレア・ユン エイボン・プロダクツ CEO

ハワード・ブック トロント大学 准教授

ロバート・ゴフィ ロンドン・ビジネススクール 教授

デイビッド・ガーゲン ハーバード大学 ジョン F.ケネディ行政学大学院パブリック・リーダーシップ・センター長

シドニー・ハーマン ハーマン・インターナショナル・インダストリーズ 創業者兼会長

ジャンジャ・ラリック カリフォルニア州立大学 助教授

ウィリアム・ジョージ メドトロニック 前会長兼CEO

マイケル・ティルソン・トーマス サンフランシスコ交響楽団 音楽ディレクター

キャロル・バーツ オートデスク 会長兼社長兼CEO

竹内 弘高 一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授

リンダ・ストーン マイクロソフト 元渉外担当バイス・プレジデント

ロナルド・ハイフェッツ ハーバード大学 ジョン・F・ケネディ行政大学院 教授

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない