2021.11.09

インフォーマルリーダーシップの機会を成長の原動力に変える方法

部下を疲弊させないために、マネジャーの支援が欠かせない

チャイェン(チャド)・チウ

チャイェン(チャド)・チウ

南オーストラリア大学 上級講師

ポジティブリーダーシップとウェルビーイングを担当。研究テーマは、リーダーの謙虚さ、シェアドリーダーシップ、リーダーシップの力。

ジェニファー D. ナーギャング

ジェニファー D. ナーギャング

アイオワ大学 ティッピー・カレッジ・オブ・ビジネス 教授

同校パルマー記念講座教授も務める。マネジメント論とアントレプレナーシップを担当。リーダーシッププロセスとリーダーシップ開発、チームのダイナミクスと有効性、従業員の声とエンゲージメント、仕事の未来について研究する。

アシュリー・バートラム

アシュリー・バートラム

南オーストラリア州保健医療研究所 行動科学者

主な研究分野は、公衆衛生、ヘルスプロモーション、健康心理学。

ジン・ワン

ジン・ワン

トーレンス大学オーストラリア チフリー・ビジネススクール MBA講師

リーダーシップ、組織文化および組織行動、戦略経営、コーポレートガバナンスに強い関心を示す熱心な若手研究者。

ポール・テスラク

ポール・テスラク

ニューヨーク州立大学バッファロー校 スクール・オブ・マネジメント 学部長兼教授

研究テーマはチームとリーダーシップであり、シェアドリーダーシップ、リーダーシップ開発、組織変革などを扱う。

DHBR2022年2月号『アジャイル化するプロジェクトマネジメント』発売!
定期購読キャンペーンのご案内
メルマガのご案内
法人プラン
EIシリーズ最新刊『人の上に立つということ』
サステナビリティ経営の実践
自己成長
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
デジタル時代のHR戦略
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2022年2月号

特集:アジャイル化するプロジェクトマネジメント

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない