<PR>

2021.11.09

「ものづくり白書」で浮かび上がった経営課題。その解決に不可欠なDX推進の「攻め」「守り」「基盤」の変革とは?

経済産業省の「2020年版ものづくり白書」によると、「市場競争力の強化」「コスト効率化、削減」「人材の課題」といった経営課題を多くの企業が共通して抱えていることが明らかになった。これらの課題を解決するために不可欠なのがDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進だ。そしてそのためには三つの変革が求められる。

 DX推進においては、業務の見える化やデジタル化によるコスト削減などの「守りの変革」や、データを活用した新規事業創出などの「攻めの変革」に取り組む企業は多い。しかし見落とされがちなのが、人財育成・開発などの「基盤の変革」だ。基盤の変革という土台があって初めて、守りと攻めの変革も可能となる。しかし、この三つの変革をバランス良く同時に進めるのは難しい。現場から経営まですべてを見渡す視点と、変革を実行する人財が不足しているからだ。

 本資料では、こうした課題を解決する画期的なソリューションを紹介する。人財サービスのアデコグループ傘下のModis VSNでは、攻め・守り・基盤の三つの変革を実行するための施策立案だけでなく、実行に必要な人財も派遣し、経営から現場まで一気通貫で企業の課題解決を支援する。大手自動車関連メーカーや通信キャリアの導入事例も紹介している。DX推進で課題を抱えている企業は必見の資料だ。
 

資料ダウンロードのご案内

DX推進に不可欠な
「基盤」「攻め」「守り」の
三つの変革をいかにして実現するか

<主な内容>
・日本の製造業が直面している課題
・DX推進のために不可欠の三つの変革
・Modis VSNにおけるDX推進の流れと役割
・伴走型で成果を上げたソリューション提案事例

※必ずお読みください

【個人情報同意事項】
これからご登録いただくあなたの個人情報は株式会社VSN(同社のプライバシー・ポリシーはこちら)に渡されご案内などに利用させていただきます。ダイヤモンド社のプライバシー・ポリシーはこちら
お問い合わせ

株式会社VSN

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない