2021年12月号

データ主導の人材マネジメントを実践する方法

組織変革を成功に導く6つの要因

マイケル・マンキンズ

マイケル・マンキンズ

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ベイン・アンド・カンパニーのオースティンオフィスのパートナー。組織・戦略プラクティスのリーダーを務める。エリック・ガートンとの共著にTime, Talent, Energy: Overcome Organizational Drag and Unleash Your Team's Productive Power, Harvard Business Review Press, 2017.(邦訳は『TIME TALENT ENERGY』プレジデント社、2017年)がある。

エリック・ガートン

エリック・ガートン

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ベイン・アンド・カンパニーのシカゴオフィスのパートナー。ケイパビリティプラクティスのグローバルリーダーを務める。マイケル・マンキンズとの共著にTime, Talent, Energy: Overcome Organizational Drag and Unleash Your Team's Productive Power, Harvard Business Review Press, 2017.(邦訳は『TIME TALENT ENERGY』プレジデント社、2017年)がある。

ダン・シュワルツ

ダン・シュワルツ

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ベイン・アンド・カンパニーのワシントンDCオフィスのパートナー。

テクノロジーの進化はこれまでも仕事の性質を変化させてきたが、新型コロナウイルス感染症のパンデミックがその勢いを加速させている。コロナ後の競争をリードするのが、テクノロジーの活用を前提とする組織を構築した企業であることは明らかだ。にもかかわらず、ほとんどの企業が旧来の組織体制と人材マネジメントを踏襲し、変革に踏み出せていない。本稿では、ベイン・アンド・カンパニーが世界300社以上を対象に行った調査に基づき、データ主導の人材マネジメントを実践するうえで欠かせない6つの要因を提示する。
PDF論文:10ページ[約1,373KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない