2021年12月号

優れた専門人材のキャリア再開をどう支援すべきか

STEM分野のタレント獲得競争を制する

キャロル・フィッシュマン・コーエン :アイ・リローンチ 共同創設者兼CEO

キャロル・フィッシュマン・コーエン

アイ・リローンチ 共同創設者兼CEO

キャリア再開に関するコンサルティング、研修、イベントを手掛けるアイ・リローンチ(iRelaunch)の共同創設者兼CEO。仕事への復帰について定期的にHBRに寄稿している。本稿で名前の挙げられた企業のほぼすべてが、アイ・リローンチのクライアントである。

近年、優れた専門職者獲得と人材多様化が急務となり、仕事復帰プログラムを提供する企業が増えている。同プログラムは人材獲得策として有効なだけでなく、職場から離れた従業員に対しての強力なメッセージにもなっている。こうしたプログラムを実施する会社は、キャリアが直線的である必要はないと認識し、従業員が育児や介護などの個人的理由で一時離職するのは特別なことではないと考えている、というメッセージである。本稿では、同プログラムの発展の軌跡や類型化を示したうえで、「キャリア中断後も新たな職務で成功する専門職者を増やしたい」という人々と企業がその共通目標を達成するための方法を紹介する。
PDF論文:11ページ[約1,298KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない