2021年12月号

起業家はなぜ嘘を重ねてしまうのか

スティーブ・ジョブズ流の説得術の危うさ

カイル・ジェンセン

カイル・ジェンセン

イェール大学経営大学院 副学部長

イェール大学経営大学院の副学部長、シャンナ・アンド・エリック・バス記念講座のアントレプレナーシップ担当ディレクターおよび上級講師を務める。

トム・バイヤーズ

トム・バイヤーズ

スタンフォード大学 教授

同校スクール・オブ・エンジニアリングでアントレプレナーシップ担当の寄付講座教授を務める。

ローラ・ダナム

ローラ・ダナム

セント・トーマス大学 オーパス・カレッジ・オブ・ビジネス 副学部長

セント・トーマス大学オーパス・カレッジ・オブ・ビジネスのシュルツスクール・オブ・アントレプレナーシップ副学部長、およびアントレプレナーシップ学部のベスト・バイ寄付講座チェアを務める。

ジョン・フィエルド

ジョン・フィエルド

デューク大学 フュークアスクール・オブ・ビジネス 教授

戦略論・哲学を担当。デューク大学のイノベーション・アンド・アントレプレナーシップ・イニシアティブのディレクターも務める。

スティーブ・ジョブズの現実歪曲フィールドに象徴されるように、起業家は時として、ビジネスへの情熱から嘘をついてしまうことがある。事実を歪めたり、誇張したりすることは、虚偽へとつながり、虚偽は詐欺にも通じる。なぜ起業家はこうした言動をとってしまうのか。本稿ではその理由を解明するとともに、起業家が誠実さを保持しながら成功するためのガイドラインを提示する。
PDF論文:8ページ[約473KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない