2021年11月号

競争力の向上は「変革力」の測定から始まる

環境変化に対応し、好業績につなげる9つの特性

デイヴ・マイケルズ

デイヴ・マイケルズ

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ベイン・アンド・カンパニーの東京オフィスのパートナーで、チェンジ・マネジメントプラクティスのグローバル責任者を務める。

ケビン・マーフィー

ケビン・マーフィー

ベイン・アンド・カンパニー エキスパートパートナー

ベイン・アンド・カンパニーのワシントンDCオフィスのエキスパートパートナーで、コ・クリエーション・センター・オブ・エクセレンスを率いる。

パンデミックを筆頭に、絶え間なく急速に変化するビジネス環境下において、企業にはその変化に対応する力が求められている。だが、企業の変革力を測定する優れたツールがなく、対処する術がなかった。そこで、筆者らは、ベイン・アンド・カンパニーのグローバル調査をもとに9つの特性から「チェンジ・パワー」を体系的に測定する方法を考案した。このチェンジ・パワーのスコアが高い企業は、競合企業よりも従業員エンゲージメントが高く、財務的に優れた業績を上げていることもわかっている。さらに各要素の高低から企業のタイプを4分類し、戦略的に市場の競争力を高める具体的なアプローチを提案する。
PDF論文:12ページ[約2,755KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない