2005年4月号

CRMの成否を占う4つの質問

第二次ブームで失敗しないために

ダレル K. リグビー

ダレル K. リグビー

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ダイアン・レディンガム

ダイアン・レディンガム

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

2003年、ベイン・アンド・カンパニーの調査によると、2000年をピークに、CRM投資は年々減少してきたが再びCRMブームが到来していることが判明した。ただし、同じ轍を踏んではならない。賢い企業は、大規模プロジェクトで臨むのではなく、顧客リレーションシップを深めるプロセスのなかで、彼らが「痛点」と呼ぶ、決定的なプロセスに絞って、小規模なプロジェクトを走らせ、早期に成功させてから、これを他のプロセスへと横展開している。本稿では、航空機部品メーカーのアビオール、大手消費財メーカーのキンバリー・クラーク、産業機器メーカーのインガソール・ランドなど、CRMのベスト・プラクティスを紹介し、その成功要因について具体的に解説する。

ダレル K. リグビーベイン・アンド・カンパニー パートナー

ダイアン・レディンガムベイン・アンド・カンパニー パートナー

PDF論文:16ページ[約1,821KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない