2005年4月号

孫子の戦略学

己、彼、天、地を知る

後 正武 :東京マネジメントコンサルタンツ 代表取締役/ビジネス・ブレークスルー大学院大学 教授

後 正武

東京マネジメントコンサルタンツ 代表取締役/ビジネス・ブレークスルー大学院大学 教授

『孫子』は2500年前の兵法書でありながら、古今東西のリーダーたちに読み継がれてきた。単に兵書の枠を超え、利害渦巻く世界を生きるための経世の書として有用だからである。戦いの真の目的を徹底的に追求していくその論理的思考は、己(自社)、彼(競合他社)、天(事業環境)、地(顧客)を知り、戦略と計画づくり、組織の統率と管理、リーダーシップのあり方、経済原則など現代の企業経営の要諦そのものである。本稿では、日清食品、新日本製鐵などの事業戦略を例に、戦略、戦術、情報、組織とリーダーシップという4つの経営的視点による思考のフレームワークを提示する。

後 正武東京マネジメントコンサルタンツ 代表取締役/ビジネス・ブレークスルー大学院大学 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない