2021年10月号

なぜスタートアップの成功にはパーパスが欠かせないのか

起業家自身を鼓舞し、取引先の支持を集め、チームを団結させる

ランジェイ・グラティ :ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ランジェイ・グラティ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハーバード・ビジネス・スクールのポール R. ローレンス1942年MBAクラス記念講座教授。経営管理論を担当。

スタートアップでは事業の成長を第一に考え、パーパスの追求がないがしろにされることは少なくない。筆者によればこれは見当違いで、成長とパーパスは同時に両方追求することが可能であり、そうすることによって組織内外に好循環が生まれるという。本稿では、米国で急成長したスタートアップ創業者への聞き取りを踏まえ、成長とパーパスを両取りすることで得られる3つの利点を提示する。

写真:ゴッサム・グリーンズ、ジュリー・マクマホン
ゴッサム・グリーンズは北米最大の温室水耕栽培農場を運営する。
PDF論文:6ページ[約1,115KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない