2005年5月号

新興市場で成功する法

ITのBPOはわずか1%足らず

ダイアナ・ファレル :マッキンゼー・グローバル・インスティテュート ディレクター

ダイアナ・ファレル

マッキンゼー・グローバル・インスティテュート ディレクター

雇用の海外流出であるという議論がいまだ繰り返されているが、オフショアリングは単なるコスト削減策ではない。グローバル戦略のなかで再定義されなければならないものだ。そのためには、まずグローバリゼーションの可能性を測定する必要がある。マッキンゼー・グローバル・インスティテュートは、4つの発展途上国、すなわち中国、インド、ブラジル、メキシコを対象に、5つの産業、自動車、デジタル家電、食品小売り、リテール・バンキング、IT/BPOのグローバリゼーションの進行度合いについて分析した。その結果によれば、まだまだグローバリゼーションを進める余地があり、騒がれているほどにオフショアリングは進んでいないことが判明した。グローバリゼーションは言葉ほどに実態は進んでいないのである。

ダイアナ・ファレルマッキンゼー・グローバル・インスティテュート ディレクター

PDF論文:12ページ[約1,737KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない