ビジネスパーソンはもちろん、学生や研究者からも好評を博し、9.5万部を突破した入山章栄氏の著書『世界標準の経営理論』。入山氏がこの執筆過程で感じたのが、世界の経営学とはまた異なる、日本の経営学独自の豊かさやおもしろさであった。本連載では、入山氏が日本で活躍する経営学者と対談し、それぞれの研究やアイデア、視点を交換することで生まれる化学反応を楽しむ。
連載第3回では、日本の経営学会の「重鎮」の一人である淺羽茂氏に登場いただく。淺羽氏はUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)と東京大学で博士号を取得し、海外の主要経営学術誌に論文を掲載する国際的な業績を持ちながら、日本でも最大の経営学会の一つである「組織学会」の会長を務めた経歴を持つ。世界と日本の経営学をよく知る国内屈指の経営学者の一人である。前編では、ファミリービジネスやイノベーションなど、淺羽氏の過去から最新の研究まで、入山氏が伺った。(構成:加藤年男)。

経営学の全体像を俯瞰するガイドブック

入山:淺羽先生はUCLAと東大で博士号を取られ、経営学の理論研究の世界で最高峰に位置する学術誌AMR(アカデミー・オブ・マネジメント・レビュー)誌にも論文を発表されています。

 その一方で、日本の組織学会の会長を務められるなど、日本の経営学と海外の経営学の両方をとてもよくご存知な希有な方です。私とは同僚でもありますし、日頃から仲良くさせていただいています。でも普段はビジネススクールの運営の話などをすることが多く、実は淺羽先生の研究の話をじっくり伺う機会はありませんでした(笑)。今日は、海外と日本の経営学をよく知るお立場からのお考えとご自身の最近の研究をお伺いしたいと思います。

 その前に、淺羽先生も拙著『世界標準の経営理論』をお読みいただいたとのことですが、その率直な感想から教えていただけますか。

淺羽 茂(あさば・しげる)
早稲田大学大学院 経営管理研究科(ビジネススクール)教授
1985年東京大学経済学部卒業。94年東京大学より、博士(経済学)取得。99年UCLAより、Ph. D(Management)取得。学習院大学経済学部教授を経て2013年より現職。Academy of Management Review, Global Strategy Journal, Family Business Reviewなど国際的な主要経営学術誌に論文を発表し、特許制度、製品開発、無形資産、模倣など様々な英語論文が海外で出版された多くの本に収められている。 主な著書に、『競争と協力の戦略』(有斐閣)、『日本企業の競争原理』(東洋経済新報社)、『経営戦略の経済学』(日本評論社)、『ビジネスシステムレボリューション』(NTT出版)、『企業戦略を考える』(日本経済新聞出版社)、『企業の経済学』(日本経済新聞出版社)、『経営戦略をつかむ』(有斐閣)がある。

淺羽:入山先生の著作全般に感じていることですけど、表現や紹介の仕方がわかりやすいですね。『世界標準の経営理論』で私が親和性を感じたところは、もちろん私が教育を受けてきた「経済学ディシプリンの経営理論」の部分でした。入山先生の本にも書かれていましたが、経営学そのものは歴史の浅い学問なので、経済学、心理学、社会学を理論基盤として発展しています。私は東大の学部では経済学の教育を受けてきたので、ここで紹介される理論はなじみ深いものばかりでした。

 一方、UCLAには社会学ベースの理論的な考え方を持つ学者も多いので、経済学と社会学とを対照させながら勉強しました。そのため、第4部の「社会学ディシプリンの経営理論」を読むと、懐かしく思うと同時に、最新の成果を知ることができました。

 また、早稲田大学ビジネススクールの授業でリーダーシップに触れる時の参考にもしています。直近の研究も含めて、知っておきたいトピックスがきちんと拾われていて、とても役に立っています。

入山:ありがとうございます! この本はビジネスパーソンはもちろんなのですが、学者の皆さんや若手研究者にも読んでほしいと考えて書きました。経営学全体を俯瞰するガイドのように使っていただけているようで、とても嬉しいです。

 では早速、淺羽先生のご研究について伺いたいのですが、まず淺羽先生にとっても大きな学術的業績である、2006年にAMRに掲載された論文について伺えますか。

淺羽:従来、企業間の模倣、追随、同型化は、経営組織、イノベーション、国際経営、ファイナンスといった様々な領域で議論されてきましたが、AMRに発表した論文 “Why Do Firms Imitate Each Other?”は、それらを包括的にレビューし、企業がなぜライバル企業と同じ行動をとるのかについて、2つの異なるメカニズムを提唱しました。

 この論文はもともと、私のUCLAの博士論文の一部を抜き出したものです。入山先生はよくご存知のように、アメリカで博士論文を書く時は、1つの大きなテーマのもと、3~4つくらいの実証分析を集めたものにすることが多いです。博士論文として通ったら、各実証分析を1つずつ論文にして、それぞれ学術誌に投稿するわけですね。

 実際、私の博士論文も3つの実証研究を併せたものです。それぞれの実証研究を学術誌に投稿したのですが、査読で「理論に関する部分」が弱いと指摘を受けました。

 UCLAで指導を受けていたマービン・リーバーマン教授に相談したところ、それなら博士論文の理論(既存研究のレビューと仮説)の部分をレビュー論文にして投稿し、それを実証論文で参照すればよい、とアドバイスを受けたのです。そこで、マービンに共著者になってもらい、論文にしてAMRに投稿したら、うまくパブリッシュできたというわけです。

 当時、マービンは、1988年に出した“First-mover advantages”という初めて書いたレビュー論文が、トップ学術誌であるSMJ(ストラテジック・マネジメント・ジャーナル)誌の10年間のベストペーパー賞を受賞したので、レビュー論文のメリットを実感していたのでしょう。それで、「お前もレビューペーパーを書け」といったのだと思います。

入山:マービン・リーバーマンは産業組織論(経済学の一分野)ベースの経営学の実証研究においては大スターですよね。たしかハーバード大学でPh.D.を取っていて、マイケル・ポーター教授の弟子でしたよね。

淺羽:そうです。指導教授はリチャード・ケイブスですが、ポーターも博士論文の審査委員で指導を受けています。

入山:ということは、淺羽先生は、マイケル・ポーターの「弟子の弟子」になるわけです。私はよく早稲田ビジネススクールの授業で、「淺羽ゼミに入ったらあなたはポーターのひ孫弟子になれるぞ」と冗談で言っています(笑)。

淺羽:ゼミでポーターの本は読みませんけどね(笑)。

入山:AMRは数ある学術誌の中でもまさにトップジャーナルと呼ばれ、その中では唯一の、経営理論の専門誌です。ですから、ここに論文が掲載されるということは、すごい業績ですよね。そもそも日本人でAMRに論文を載せた人は他にいないかもしれません。

淺羽:実は、当時はこの業績のすごさをそこまで実感してはいませんでした。ただ、先日もマービンから、グーグルスカラーの引用数が1000を超えたとメールがありました。

 日本人では野中郁次郎先生の論文が引用数では圧倒的ですが、他に1000を超える引用数がある論文は清水勝彦先生(慶應義塾大学ビジネススクール教授)くらいしかいません。

 いろいろなジャーナルから投稿論文の査読を頼まれますが、その論文がわれわれのAMRの論文をベースにしているので私に依頼が来るのですね。15年経った今でも多くの論文のベースになっていることに気づき、AMRに掲載されることは大きなことだったのだと感じています。