2005年5月号

インドの見方、考え方

「約束の地」か、それとも危険地帯か

大前 研一 :ビジネス・ブレークスルー大学院大学 学長

大前 研一

ビジネス・ブレークスルー大学院大学 学長

インドは中国に次ぐホットな市場であるといわれ続けており、日本企業もおよそ300社が大なり小なり、拠点を置いている。しかし、一部を除き、ほとんどがこの巨象の攻略に苦戦している。大前氏は、マッキンゼー時代にインド人の同僚と一緒に働いていただけでなく、インフォシスやサティヤムといった、いまやインドを代表する企業と合弁したり、インド財閥の要人たちと交流したり、大規模な講演活動をしたりと、かれこれ20年近くインドとつき合っている。インサイダー以上にインド市場に明るい氏に、その可能性と将来について聞く。

大前 研一ビジネス・ブレークスルー大学院大学 学長

PDF論文:10ページ[約1,735KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない