2005年6月号

マーケティングで知財を守る

もはや法律には頼れない

バラット・アナンド

バラット・アナンド

ハーバード・ビジネススクール 助教授

アレクサンダー・ガレトビック

アレクサンダー・ガレトビック

チリ大学 応用経済学センター 助教授

グローバリゼーションが進めば進むほど、いかに法的に守られていても、知的財産権は脅威にさらされる。実際、発展途上国への進出を見合わせたり、撤退を検討している企業が増えている。法律に頼れない状況下では、模倣困難なビジネスモデルを確立するために、マーケティング戦略を展開したほうが賢明なのだ。

PDF論文:12ページ[約1,115KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない