2005年6月号

時間主導型ABCマネジメント

隠れた利益とコストを予測する

ロバート S. キャプラン

ロバート S. キャプラン

ハーバード・ビジネススクール 教授

スティーブン・R・アンダーソン

スティーブン・R・アンダーソン

アコーン・システムズ 創設者兼会長

ABCはその革新性と期待効果から、多くの企業で採用されたが、頓挫してしまう企業が続出している。しかし、非効率を具体的に指摘し、利益改善の機会を提供するという趣旨は依然健在である。本稿では、その改訂版「時間主導型ABC」を紹介する。この新しい手法が従来のABCの欠点を克服し、より精度を高めることを可能にする。

ロバート S. キャプランハーバード・ビジネススクール 教授

スティーブン・R・アンダーソンアコーン・システムズ 創設者兼会長

PDF論文:11ページ[約1,451KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない