2021年9月号

社会階層から生じる不利益を職場でどう解消するか

ダイバーシティで考慮すべきはジェンダーや人種だけではない

ポール・イングラム :コロンビア・ビジネススクール 教授

ポール・イングラム

コロンビア・ビジネススクール 教授

コロンビア・ビジネススクールのクラビス記念講座教授。世界中の企業にリーダーシップ、組織設計、戦略に関するコンサルティングを行っている。

ジェンダーや人種、民族に対するバイアスによる不平等に対処しようと、企業組織はさまざまな取り組みを行っている。しかし、より深刻な影響があるにもかかわらず、触れられずにいるものがある。社会階層の格差だ。下位層出身者は高い能力を持っていても、生まれ育った環境によって学校や企業で成功するために必要な文化資本が少ないために、就職や昇進の機会を逸することが多い。それは当事者にとっても組織にとっても大きな損失になると筆者は指摘する。本稿では、社会階層による不利益がなぜ生じるのか、その原因と結果を探ったうえで、不平等の是正に役立つ介入策を論じる。
PDF論文:12ページ[約2,758KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない