2005年6月号

「パートナーシップ・モデル」実践法

同床異夢を解消する

ダグラス M. ランバート

ダグラス M. ランバート

オハイオ州立大学 フィッシャー・ビジネススクール 教授

A. マイケル・クネマイヤー

A. マイケル・クネマイヤー

オハイオ州立大学 フィッシャー・ビジネススクール 助教授

最新のサプライチェーン・マネジメントの多くが価値創出に貢献できず、行き詰まっている。なぜだろうか。そもそもパートナーシップによって何を達成したいのか、その目的があいまいで、かつ有意性に乏しいものだったからだ。パートナーシップを成功させるためには、高い可能性を持った両社の関係に焦点を絞り、成果に対する期待を整合する手法が必要になってくる。「パートナーシップ・モデル」がその役割を果たす。

ダグラス M. ランバートオハイオ州立大学 フィッシャー・ビジネススクール 教授

A. マイケル・クネマイヤーオハイオ州立大学 フィッシャー・ビジネススクール 助教授

PDF論文:12ページ[約1,559KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2005年6月号

既成概念を打破する

2005年のパワー・コンセプト(下)

『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集部 

デニース・カルーソ ハイブリッド・ビガー・インスティテュート 事務局長

トーマス H. ダベンポート バブソン大学 教授

リー・ブキャナン HBR シニア・エディター

ヘンリー W. チェスブロー カリフォルニア大学バークレー校 ハース経営大学院 センター・フォー・オープン・イノベーション エグゼクティブ・ディレクター

ケネス・リーバサル ミシガン大学アナーバー校 教授

ヨッヘン・ウィルツ シンガポール国立大学 NUSビジネススクール 准教授

ロイゾ・ヘラクレアス オックスフォード大学 テンプルトン・カレッジ 特別研究員

メアリー・キャサリン・ベイトソン 文化人類学者

ジェフリー・ローゼン ジョージワシントン大学 法科大学院 教授

ティーハ・フォン・ギーツィ ボストン コンサルティング グループ ストラテジー・インスティテュート フェロー

ジャニス・アントノビクス バージニア大学 教授

ジェフリー・フェッファー スタンフォード大学経営大学院 教授

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない