2005年6月号

「KEIRETSU」マネジメント

トヨタとホンダのサプライヤー・リレーションシップ

ジェフリー K. ライカー

ジェフリー K. ライカー

ミシガン大学 アナーバー校 教授

トーマス Y. チェ

トーマス Y. チェ

アリゾナ州立大学 W・P・ケアリー・スクール・オブ・ビジネス 教授

ビッグ・スリーが日本の「ケイレツ」をまねて、サプライヤーとの関係改善に着手したのは一九八〇年代。しかし、そのほとんどが失敗に終わり、現在に至っている。そして、グローバル化とオフショアリングによって低コストばかりが追求され、サプライヤーたちの不満が募っている。しかし、トヨタとホンダは共存を求め、支援・教育し、良好な関係を築いている。ケイレツはリーンなSCMを実現するには再び学習すべきものである。

ジェフリー K. ライカーミシガン大学 アナーバー校 教授

トーマス Y. チェアリゾナ州立大学 W・P・ケアリー・スクール・オブ・ビジネス 教授

PDF論文:12ページ[約1,788KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない