ビジネスパーソンはもちろん、学生や研究者からも好評を博し、9.5万部を突破した入山章栄氏の著書『世界標準の経営理論』。本書は、約30の経営理論を網羅しており、これらの理論はビジネスの「思考の軸」として活用できる。内容は章ごとに完結しており、いつ、どこから読んでも良い。ビジネスに関わる全ての人が、辞書のように利用できるのが特徴だ。
入山氏がこの『世界標準の経営理論』の執筆過程で感じたのが、世界の経営学とはまた異なる、日本の経営学独自の豊かさやおもしろさであった。本連載では、入山氏が日本で活躍する経営学者と対談し、それぞれの研究やアイデア、視点を交換することで生まれる化学反応を楽しむ。
連載第2回では、人的資源管理論(HRM)と組織行動論(OB)が専門の服部泰宏氏に登場いただく。前編では、服部氏のこれまでの「採用」から、最新の「スター社員」の研究まで、入山氏が伺った。(構成:加藤年男)

ミクロとマクロの視点から見る「経営学の課題」

入山 私は2013年までアメリカにいましたが、日本に戻り、素晴らしい研究をされている若手の日本人経営学者がたくさんいることを知りました。おもしろい研究をされている人をもっと知りたいし、世間にも知ってもらいたい。また、そういう方々が『世界標準の経営理論』をどう読んでいるのかにも興味があった。そんな思いもあり、この連載を企画しました。

 若手経営学者の代表として、服部先生の名前は以前からよく聞いていましたが、これまでお話する機会がありませんでした。そこで今回ぜひお話を伺ってみたいと思い、対談を依頼した次第です。

服部 泰宏(はっとり・やすひろ)
神戸大学大学院経営学研究科 准教授
2009年、同大学院後期課程修了。同年、滋賀大学経済学部専任講師、2011年、同准教授。2013年、横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授。2018年より現職。International Journal of Cross Cultural Managementなどに論文を発表している。著書に『採用学』(新潮選書、2016年、日本の人事部「HRアワード2016」書籍部門最優秀賞受賞)、『日本企業の採用革新』(共著、中央経済社、2018年、2020年日本労務学会賞(学術賞)受賞)、『組織行動―組織の中の人間行動を探る』(共著、有斐閣、2019年、日本の人事部「HRアワード2019」書籍部門入賞)などがある。

服部:大変光栄です。私が大学に就職したのは2009年です。そこから少し経った2012年に、入山先生が最初の著書『世界の経営学者はいま何を考えているのか』を出されましたよね。この本を使いながら、世界で発表される論文というのは、このくらい深いレベルなんだよと学生たちに紹介したことがあります。ご著書は3冊とも読ませていただきました。

入山:ありがとうございます。私が2019年に出した『世界標準の経営理論』は、経営学の主要な理論30を網羅した教科書なのですが、実はこの本で扱った中でも、特に苦手意識を持っている分野があるのです。それが、服部先生がご専門の企業における人の行動・心理やそのメカニズムそのものを探究するOB(Organizational Behavior:組織行動学)と個人の行動・心理を支える仕組みに注目するHR(Human Resource:人的資源)領域で、その中でも、とりわけリーダーシップなどは私が一番知識のない分野と言ってもいいくらいです。

 専門とされる服部先生がこの本を読んで、何か気づかれたところ、印象に残ったところはありますか。

服部:印象に残ったのは冒頭のマトリックスです。学者は自分の研究が、経営学全体とどう関わっているのかは、意外と意識しませんよね。

 OB(Organizational Behavior:組織行動学)の世界でも自己批判的に「OBは組織全体の理解に役立っているのか」という議論が、アメリカを中心に起こっています。要するに、経営学は細かいところに入り込みすぎているのではないかということです。


 入山先生が整理された表を見ると、たしかに「戦略」の分野でOBの理論(心理学ディシプリンの理論)はほとんど適用されていません。自身の研究分野と経営学全体の関連性を考えながら、自己反省的な読み方をしていました。

 最近ではこのマトリックスにあるような空白地帯を埋めようという動きが世界でもあり、「優れた人的資本は戦略にどう貢献しているか」などを議論するべきだろうと言われています。

 私は院生たちに、「君がいま研究しているものを、マクロ組織論を研究している人や経済学者はどう見ると思う?」とよく言います。少なくとも間接的にマクロを意識しないと研究が小さくなってしまう。ここは大事な問題だと思っています。

入山:なるほど……とても興味深いですね。服部先生の問題意識とは正反対の視点になりますが、実は何年か前にアメリカの学会に出た時には、「戦略論が扱う領域は大きすぎないか」という議論がありました。

 戦略の意思決定は結局、経営者やスター社員といった、マイクロファウンデーション(ミクロの基礎付け)によって行われています。そのため、その個人の行動や影響力にまで研究を落とし込んで、企業全体の行動を説明する必要があるのではないかということです。

 戦略のような「マクロ」からは、逆にそうした問題意識が提起されています。他方で、ミクロの OB&HRMからは、「ミクロはもっとマクロに貢献すべき」と言われている、ということですよね。これは興味深い。