2005年6月号

利害のミスマッチが不良在庫を招く

シスコ・ショックは対岸の火事ではない

V G. ナラヤナン

V G. ナラヤナン

ハーバード・ビジネススクール 教授

アナンス・ラーマン

アナンス・ラーマン

ハーバード・ビジネススクール 教授

2001年4月、不良在庫を抱えるはずのないシスコシステムズが約二五億ドル相当の余剰在庫を廃棄すると発表した。最大の原因はシスコとサプライヤーの利害の不一致にある。ほとんどのサプライチェーンが同じ問題を抱えているが、経営者はこの問題を軽視しており、いたずらに合理化と効率化を求める。実はこれこそが元凶なのだ。本稿では、サプライチェーンを構成する関係各位のインセンティブを一致させるために、問題の発見から解決までを段階的なアプローチによって実現させる方法を紹介する。

V G. ナラヤナンハーバード・ビジネススクール 教授

アナンス・ラーマンハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:12ページ[約1,741KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない