2005年6月号

トリプルAのサプライチェーン

「俊敏性」「適応力」「利害の一致」トリプルAのサプライチェーン

ハウ L. リー :スタンフォード大学 経営大学院 教授

ハウ L. リー

スタンフォード大学 経営大学院 教授

サプライチェーンの改革というと、効率とコストばかりに焦点が当てられる。しかし、このような効率性ばかり追い求めていると、改善されるどころか、競争力を阻害してしまう。では、サプライチェーンに真に必要なものとは何か。筆者は三つのA、“agile”“adaptable”“aligned”を提唱する。つまり「俊敏性」「適応力」、そして「利害の一致」である。ルーセント、インテル、エリクソン、シスコなどの失敗をひも解きながら、サプライチェーンの再設計について説く。なお本稿は、2004年度のマッキンゼー賞の銀賞を受賞した。

ハウ L. リースタンフォード大学 経営大学院 教授

PDF論文:15ページ[約1,346KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない