『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』(DHBR)では毎月、さまざまな特集を実施しています。本稿では、最新号の特集1「ハイブリッドワーク」への理解をさらに深めていただけるよう、関連する過去の論文をご紹介します。

 DHBR2021年8月号の特集1は「ハイブリッドワーク」。在宅勤務とリモートワークが混在するハイブリッドな働き方への転換が加速している。個人にとって最適な働き方と、マネジメント上の最適な形態が合致しているとは限らない。ハイブリッドワークで組織の公平性をどう担保するのか。チームの創造性を高めるにはどうすればよいのか。

 コロナ禍を経験したことで、企業は働く「場所」や「時間」の柔軟性を高めるハイブリッドな働き方への転換を加速させている。しかし、どのような働き方が最適かは業務や職種によっても異なり、働き方を変えることで、マネジャーが新たに取り組む課題も生じる。

 ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏による「ハイブリッドワークで理想の職場を実現する」では、ハイブリッド型の働き方を組織に取り入れる際に、マネジャーに必要な4つの視点、(1)職種と業務の性格、(2)社員の個人的希望、(3)プロジェクトとワークフロー、(4)包摂と公平性について論じていく。

 新型コロナウイルス感染症の影響により多くの企業が在宅勤務を認めたことで、オフィス勤務とリモートワークを使い分けるという、ハイブリッドな働き方が広がりつつある。人々の働き方への意識が大きく変化する一方、企業にとっての理想の職場は明らかではない。

 東京大学大学院准教授の稲水伸行氏による「ハイブリッドな働き方で創造性をいかに高めるか」では、企業との共同研究である「オフィス学プロジェクト」を推進してきた筆者が、イノベーションの源泉となる創造性に焦点を当て、コロナ後に求められる働き方や職場のあり方を考察する。

 この論文では、「ABW」や「i-deals」といった近年話題のコンセプトや最新研究を踏まえ、リモートワークの課題を明らかにする。また、イノベーティブな企業の代表である日本マイクロソフトの事例から、社員が自律的に働く場を選択できることの効果を説く。

 新型コロナウイルスによるパンデミックにより、自宅の仕事空間と従来型オフィスを行き来するワークスタイルが増え始めている。これによりオフィスは「個人が業務を遂行するための場」から「コラボレーションを生むための人間関係の拠点」へと変化しつつある。

 ニューヨーク大学准教授のアン=ロール・ファヤール氏らによる「これからのオフィスの価値をデザインする」では、オフィスが人との関わりに役立っているその仕組みを考察すると同時に、最新技術により、オフィスを新たな場へと変貌させた先進企業の事例も紹介する。

 新型コロナウイルスの感染拡大が終息に向かうにつれ、在宅勤務を強制されていたビジネスパーソンたちがオフィスに戻り始めている。しかし、コロナ前の働き方に完全に戻ることはないだろう。

 場所や時間に縛られずに働き続けたいというニーズは根強く、コロナ後はオフィス勤務とリモートワークが混在するハイブリッドワークが定着する可能性が高い。分散して働くチームを率いるうえで、マネジャーにはどのような役割が求められているのか。

「マネジャーの役割はハイブリッドな職場でどう変わるか」では、INSEAD准教授のマーク・モーテンセン氏やハーバード・ビジネス・スクール教授のエイミー C. エドモンドソン氏などによる3つの論考を通じて、ハイブリッドな職場で顕在化する課題を明らかにし、その解決策を提示する。