2021年8月号

米中デカップリングは事業戦略にいかなる影響を与えるのか

4つのカテゴリーで考える

J. スチュワート・ブラック

J. スチュワート・ブラック

INSEAD 教授

アレン J. モリソン

アレン J. モリソン

アリゾナ州立大学 サンダーバード国際経営大学院 教授

トランプ政権の対中強硬政策に比べれば、バイデン政権では対立姿勢が和らぐ可能性は高く、これまで中国投資を進めてきた米国企業のCEOたちは期待を高めている。だが、中国サイドはデカップリング戦略を着々と進めており、それは中国で事業活動を行うすべての外国企業に多大な影響を及ぼすだろう。本稿では今後直面しうる課題と対策について、4つのカテゴリーに分けて説明する。
PDF論文:11ページ[約866KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない