2021年8月号

中国のイノベーションの源泉はどこにあるのか

テクノロジーに対する受容力と順応力

ザック・ダイクウォルド :ヤング・チャイナ・グループ 創業者

ザック・ダイクウォルド

ヤング・チャイナ・グループ 創業者

ヤング・チャイナ・グループの創業者で、Young China: How the Restless Ge-neration Will Change Their Country and the World, St. Martin's Press, 2018.(未訳)の著者。

中国の競争力は年々高まり、いまや米国と肩を並べるまでに成長した。その原動力となっているのが、イノベーションだ。ただし、米国のように革新的な製品やサービスを供給し続けているわけではない。何億人もの消費者がイノベーションを瞬く間に受容し、その劇的な変化に順応できる力が、中国の競争力につながっている。政府の強力な後押しもあり、他に類を見ない指数関数的な急成長を経験したことで、人々のイノベーションに対する受容力と順応力が高まり、それがさらなる経済成長をもたらすという、独自のエコシステムが構築されているのだ。本稿では、このような発展のエコシステムの仕組みを明らかにし、中国との差を縮めるために他国のビジネスリーダーが何をすべきかを示す。
PDF論文:12ページ[約2,249KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない