2005年7月号

一つのキャリアをニ人で築く

ジョブ・シェアリングという働き方

シンシア R. カニンガム

シンシア R. カニンガム

元フリート・バンク 外国為替部門担当 バイス・プレジデント

シェリー S. マレー

シェリー S. マレー

元フリート・バンク 外国為替部門担当 バイス・プレジデント

幼い子どもを抱えるワーキング・マザーの管理職は、多くの場合、仕事か、私生活かの二者択一に迫られる。ところが、「ジョブ・シェアリング」という第三の道がある。これは、1つの職務を2人でかけ持ちして働くという、言わば「二人三脚」のワーキング・スタイルである。フリート・バンクの2人の女性管理職はこれを選択した。とはいえ、何しろこれまでに例を見ない勤務形態であるため、彼女たちはさまざまな障害やアクシデントに遭遇する。最終的に、彼女たちは社内外から支持され、ジョブ・シェアリングの正当性を証明した。

シンシア R. カニンガム元フリート・バンク 外国為替部門担当 バイス・プレジデント

シェリー S. マレー元フリート・バンク 外国為替部門担当 バイス・プレジデント

PDF論文:10ページ[約1,083KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない