2005年7月号

コミットメントの自己管理術

理想と現実のギャップを埋める

ドナルド N. サル

ドナルド N. サル

ロンドン・ビジネススクール 准教授

ドミニク・ホールダー

ドミニク・ホールダー

ロンドン・ビジネススクール 副学長

自分の人生にとって大切なことにコミットメントを傾けている人は少ない。理想と現実のギャップは世の常かもしれないが、仕方のないことと諦めてしまってはいけない。そのためには、コミットメントの配分方法について、「金」「時間」「労力」の視点から分析・検討し、最適なコミットメント配分法を再構築する必要がある。コミットメントを適切に管理することができれば、自分の生活における優先順位がはっきりするばかりか、その未来も大きく変わることだろう。

ドナルド N. サルロンドン・ビジネススクール 准教授

ドミニク・ホールダーロンドン・ビジネススクール 副学長

PDF論文:14ページ[約1,440KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない