イトーキが提供する
ハイブリッドワークナビゲーション

ITOKI TOKYO XORK

 コロナショックを踏まえた企業の大きな経営課題は、ハイブリッドワークの最適バランスを見極めることである。

「コロナ禍が収束に向かったとき、企業はオフィスワークへと回帰させるシナリオ、ハイブリッドワークを真に定着させるシナリオのいずれかを決断しなければなりません。その決断に企業の働き方に対する明確なビジョンが込められていなければワーカーは納得しないし、エンゲージメントは高まりません。そのときにワーカーとの相互信頼を基盤とするABW戦略へとかじを切ることができるかが問われているともいえます」

 今後もパンデミックのリスクは否定できないため、ハイブリッドワークを選択する企業も多いはず。柔軟性のある働き方がもたらす個人と組織のメリットは享受しつつ、一方で膨らんでしまった働くインフラコストを、オフィス面積の適正化によって埋め合わせる。そんな経営環境が続くだろう。

 そこでイトーキは、経営者がハイブリッドワークの最適解を見つけるためのコンサルティングサービス「ハイブリッドワークナビゲーション」を開始した。

 柔軟な働き方に対するワーカーの感じ方を把握し、適切なガイドラインや制度を設計し、経営者はハイブリッドワークへの移行を決断することができるようになる。目的は、企業としてのありたい姿を実現するために行動(リーダーシップコーチング/チェンジマネジメント)、IT(仮想環境)、オフィス(物理的環境)という3つの観点に立ち、働く環境から組織風土までを整えることだ。

「まず、複雑な業務をわかりやすく理解するために“ABW 10の活動” (図1参照)でとらえ直します」と話す。

「業務は、10の活動のうちの幾つかの組み合わせで成り立っています。ハイブリッドワークナビゲーションは、『10の活動』を自宅とオフィスでどのような時間割合で行うことが適切なのかという指針を導き出すことができるサービスです」