2021.06.09

バーンアウトから自分の力で立ち直る方法

原因も解決策も人それぞれだと理解する

ユ・ツェ・ヘン

ユ・ツェ・ヘン

ワシントン大学 フォスタースクール・オブ・ビジネス 博士候補生

経営学を専攻。人間らしい職場づくりの方法を探る研究に取り組み、従業員の抱える困難と、その対策としての思いやりの有効性に焦点を当てている。

キラ・シャブラム

キラ・シャブラム

ワシントン大学 フォスタースクール・オブ・ビジネス 助教授

組織行動論を担当。研究対象は、仕事を通じて「世界をよりよい場所にする」ことを望む従業員が直面する困難について。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

DHBR2021年7月号『バーンアウトの処方箋』発売!
定期購読のご案内
メルマガのご案内
EIシリーズ最新刊『リーダーの持つ力』
新型コロナウイルスの危機をどう乗り越えるか
デジタル時代のHR戦略
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2021年7月号

特集:バーンアウトの処方箋

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない