2021年7月号

ボストン最大の病院はバーンアウトの危機をどう乗り越えたか

過酷な現場に学ぶ6つの教訓

ジョシュア J. ボー

ジョシュア J. ボー

マサチューセッツ総合病院 救急診療科 臨床業務担当アシスタントディレクター

マサチューセッツ総合病院救急診療科で、臨床業務担当アシスタントディレクター、救急診療管理フェロー、災害医療フェローを務める。同科の新型コロナウイルス感染症対応の指揮に重要な役割を果たす一方、救急科の業務の最適化や、病院における医師のバーンアウトに関する調査を実施してきた。

アリ S. ラジャ

アリ S. ラジャ

マサチューセッツ総合病院 救急診療科 エグゼクティブバイスチェア

マサチューセッツ総合病院救急診療科のエグゼクティブバイスチェアで、臨床業務を監督する。またハーバード・メディカルスクールの准教授も務める。救急医療および放射線医学を担当。

バーンアウト(燃え尽き症候群)は個人の問題であると同時に組織の問題でもあり、通常の時期ですら防ぐことは難しい。ましてや、新型コロナウイルス感染症のパンデミック期に、どうすれば最前線に立つスタッフたちを極度の疲労や生産性の低下から守れるだろうか。極限状態の中でもできる行動はあり、また、病院や業界によって違いがあるように見えても、基本原則は同じである。ボストン最大のマサチューセッツ総合病院の対策に学ぶ。
PDF論文:8ページ[約2,126KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない