2005年7月号

アナロジカル・シンキング

不確実な時代の戦略思考

ジョバンニ・ガベッティ

ジョバンニ・ガベッティ

ハーバード・ビジネススクール 助教授

ジャン W. リブキン

ジャン W. リブキン

ハーバード・ビジネススクール 准教授

戦略を立案する際、我々は知らず知らずのうちに「アナロジー」(類推)を用いて考えている。大野耐一がカンバンやアンドンを編み出したのもインテルが低価格のプロセッサーに力を入れたのもサーキット・シティが中古車販売に参入したのもアナロジーから生まれた戦略が奏功したものである。しかし、往々にしてアナロジーの力は軽視されがちで、それゆえ誤った意思決定を下し、戦略をミスリードする。では、アナロジーを有効活用する方法とは何か。戦略家として必要なアナロジー活用法を紹介する。

ジョバンニ・ガベッティハーバード・ビジネススクール 助教授

ジャン W. リブキンハーバード・ビジネススクール 准教授

PDF論文:14ページ[約1,839KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない