2021年7月号

安心して助けを求められる組織をつくる

私がバーンアウトから学んだ大切なこと

ライアン・キャルドベック :サークルアップ 創業者兼会長

ライアン・キャルドベック

サークルアップ 創業者兼会長

2011年にベンチャー投資プラットフォームのサークルアップを創業した筆者は、バーンアウトなど縁がない、と思い込んでいた。しかし順調だった事業に影が差し、プライベートや健康上の問題も出てくると、落ち込む時間が増え、頭痛にも悩まされるようになった。筆者は自分の変調に向き合い、CEO職を辞することにしたのだが、このバーンアウトの経験から、組織としてメンタルヘルスに取り組むうえでの6つの論点を紹介している。
PDF論文:5ページ[約1,152KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない