2021.05.21

従業員のバーンアウトを正確かつ倫理的に測定する方法

「マスラック・バーンアウト・インベントリー」を活用する

クリスティーナ・マスラック

クリスティーナ・マスラック

カリフォルニア大学バークレー校 名誉教授

心理学を担当。同校ヘルシー・ワークプレイシズ・センターの中核研究員。職場でのバーンアウトに関する研究の先駆者であり、標準化された評価ツール「マスラック・バーンアウト・インベントリー」(MBI)の考案者でもある。著書や論文は多数。全米科学アカデミー(2020年)などをはじめ、いくつもの賞を授与されている。

マイケル P. ライター

マイケル P. ライター

ディーキン大学 名誉教授

アカディア大学の名誉教授も務める。心理学の研究者であり著述家。主なテーマは、バーンアウト、ワークエンゲージメント、職場の社会関係。最近は、同僚同士の礼儀と敬意を育むことにより、仕事生活の質を改善する取り組みなどを行っている。北米やオーストラリアで、みずからの研究に基づく著作を多数発表。カナダのノバスコシア州在住。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

DHBR2021年11月号『戦略の思考法』発売!
定期購読のご案内
メルマガのご案内
EIシリーズ最新刊『人を動かす力』
自己成長
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
デジタル時代のHR戦略
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2021年11月号

特集:戦略の思考法

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない