高度な熟練技術を駆使した
ゴールド×セラミックのケース

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ
新作の特徴は、ブラックセラミックによる8角形のミドルケース、ケースのサテンブラッシュ仕上げに合わせて縦方向のヘアライン仕上げを施したスモークグレーのラッカーダイヤル、そしてテキスタイルモチーフを表面に施したラバー加工ストラップ

「CODE 11.59」は、シンプルな自動巻き3針やクロノグラフをはじめ、パーペチュアルカレンダー、トゥールビヨン、ミニッツリピーターといった三大複雑機構を搭載するモデルまでを含み、最先端の自社製ムーブメントを搭載してコレクションの充実を図っているが、2021年に新たに加わったのは、さらに一歩進んだクロノグラフである。

 3年目の新作クロノグラフには、注目すべき特徴がある。基本的なデザインは同じだが、まずミドルケースにブラックセラミックを新たに採用した点だ。デビュー時の2019年は3層構造のケース全体が同色のゴールドで作られ、翌2020年にはホワイトゴールドの間にピンクゴールドのミドルケースを挿入したバイカラーが登場したが、今年は、ホワイトもしくはピンクゴールドの間にブラックセラミックを挟んだケースを登場させた。

 その結果、初の異素材による対比的なバイカラー効果によって、ユニークなラウンド形ケースのゴールド素材が以前にもまして引き立つようになった。セラミックの精密加工は金属より困難だが、ゴールドと寸分たがわぬ一体感を生み出すのに熟練技術者の経験と技が駆使された。これも素材に関する一つの技術革新である。

自社製クロノグラフ・ムーブメントの回転錘はゴールド。付け替えて楽しめるラバー加工ストラップは、ライトブルー、グレー、バーガンディ、カーキ、グリーンの5色が新たに登場

 また、ダイヤルの仕上げも新しい。以前からゴールドのケースに施されているサテンブラッシュ仕上げに合わせ、新作のラッカーダイヤルでは繊細な縦方向のヘアライン仕上げで統一感を演出する。シックなスモークグレーの色合いもクロノグラフ特有のスポーティな味わいを強調し、一段と魅力的に見える。

 さらにクロノグラフにカジュアルな感覚をプラスするのは、布帛(ふはく)のようなテキスタイルモチーフを表面に施したラバー加工ストラップ。ちなみにこのラバー加工ストラップについては、ブラックやブルーに加え新色としてライトブルー、グレー、バーガンディ、カーキ、グリーンの5色が登場。オプションで付け替えが楽しめる。シーンやファッションを問わず、腕時計を自分流に着けて楽しむ現在のライフスタイル志向がここにもよく表れている。