2021年6月号

マーケティングの複雑化に備えて組織を再設計する方法

6つの価値領域と72のケイパビリティから考える

オマー・ロドリゲス=ヴィラ

オマー・ロドリゲス=ヴィラ

エモリー大学 ゴイズエタ・ビジネススクール 准教授

マーケティングを担当。

スンデル・バラドワジ

スンデル・バラドワジ

ジョージア大学 テリーカレッジ・オブ・ビジネス 教授

ジョージア大学テリーカレッジ・オブ・ビジネスのコカ・コーラ・カンパニー寄付講座教授。マーケティング学科長。

ニール A. モーガン

ニール A. モーガン

インディアナ大学 ケリースクール・オブ・ビジネス 特別教授

インディアナ大学ケリースクール・オブ・ビジネスのペットスマート寄付講座でマーケティング担当の特別教授を務める。

シュブ・ミトラ

シュブ・ミトラ

マーキャップス COO

マーケティングケイパビリティのソリューションプロバイダーであるマーキャップス(MarCaps)のCOO。

マーケティングに求められる役割が変化しているが、多くの企業はそのための組織変革について、方法論を持っていない。そこで筆者らは、マーケティングが成長に貢献できる6つの価値領域を定義し、それぞれの価値創出に必要な72のマーケティングケイパビリティをまとめ、組織変革のフレームワークとして提示する。これを用いれば、自社の現状を評価し、将来のニーズとのギャップを特定し、どこに手を打つべきかが明らかになる。
PDF論文:13ページ[約2,468KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない