2005年8月号

「脱」コモディティ化の成長戦略

UOBとKPIを変更して差別化を図る

リタ・ギュンター・マグレイス

リタ・ギュンター・マグレイス

コロンビア大学 ビジネススクール 准教授

イアン・C・マクミラン

イアン・C・マクミラン

ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

三年間にわたり、さまざまな業界の企業の成長戦略を研究したところ、いわゆる成熟産業において競合他社を大きく上回る成長率を実現している企業が見つかった。これら低成長産業の高成長企業に共通していたのは、UOBとKPIの変更という、きわめて地味な作業であった。しかし、その効果は絶大で、成功確率も高く、ライバルを追随させない。メーカーのサービス事業という点においても、魅力的なアプローチである。

リタ・ギュンター・マグレイスコロンビア大学 ビジネススクール 准教授

イアン・C・マクミランペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

PDF論文:12ページ[約1,750KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない