2012年5月号

PQ:ポジティブ思考の知能指数

幸せな気持ちになると、何事もうまくいく

ショーン・エイカー :グッド・シンク 創業者兼CEO

ショーン・エイカー

グッド・シンク 創業者兼CEO

困難に遭遇したりピンチに立たされたりした時、ポジティブ思考、プラス志向で臨めば、必ずや活路が拓ける──。この古くから言い習わされてきたことが、心理学や神経科学の研究によって科学的に証明されつつある。そのなかで得られた知の一つによれば、多くの人が信じている「成功すると幸福になれる」は誤解であり、「幸福を感じていると成功確率が高まる」(これを「幸福優位」という)のが正解であるという。実際、従業員の幸福感と企業業績には正の相関性が確認されている。 では、幸福感を戦略的に向上させるにはどうすればよいか。心理学者たちの実証研究によると、最も効果的なのは、「ソーシャル・サポート」すなわち周囲の人たちを助けてやることだという。また、マイナス面ばかりが強調されがちなストレスであるが、そのプラス面に目を向け、自己成長にはストレスが不可欠であることを認識する必要があるとも指摘する。このように、幸福感を制御する能力「PQ」(ポジティブ思考の知能指数)を身につけることで、自他ともに幸せになれる。

ショーン・エイカーグッド・シンク 創業者兼CEO

PDF論文:8ページ[約1,184KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない