●最後に女性の経験を直接聞く

 すでに信頼関係を築いている女性の経験を直接聞くことで、自分が学んできたことが正しいかどうかを確認する。多くの場合、謙虚かつ強い好奇心のある質問は、共感力と状況認識を高めるのに役立つ。筆者らが調査で話を聞いた多くの女性は、女性に質問することの重要性を強調していた。

 ディープコーチング・インスティテュートの社長、アイペック・セリフソイは「男性は、女性が日々経験していることを知るのに苦労している」と語る。「女性は、男性は同じ経験をしていないと知っているから、ネガティブな経験を話したがらない。そのため、男性は謙虚になり、自分には理解できないことがたくさんあると認める必要がある」

 会話を始めるためのよい方法を、いくつか紹介しよう。

・「会社の女性が、日々どのようなことに最も苦労しているか知りたい。男性である私では、気づかないようなことだ」
・「会社の男性にもっと認識してほしいと思うことや、男性にやってほしい、あるいはやめてほしいと思うことを1つ挙げるなら、それは何か」
・「私がもっと認識すべきこと、あるいは女性がもっと働きやすい場所にするために、私に毎日できることがあるとすれば、それは何か」
・「女性にとってより公平で友好的な職場にするために、男性のアライとしてどうすればよいのかと尋ねられたら、あなたはどう答えるか」

***

 周囲の女性の経験をより深く理解し、状況認識を磨くことで、あなたの考え方が大きく変わるのは必然で、それが元に戻ることはない。本稿で述べてきたように、質問を投げかけ、回答に耳を傾け、学習すれば、あなたがアライとして、リーダーとして、そして男性として取り組むことすべてに恩恵があるだろう。

 実際に、時間をかけて女性の同僚の経験を聞いたある男性は、次のように振り返る。「一度でもそのレンズをはめると、外すことができなくなる。見える世界は変わり、前と同じように見えることは二度とない」


HBR.org原文:Male Allyship Is About Paying Attention, February 10, 2021.