2021年5月号

利他の精神をもって持続的成長を実現する

[インタビュー]5G競争を制するための協調戦略

髙橋 誠 :KDDI 代表取締役社長

髙橋 誠

KDDI 代表取締役社長

1961年、滋賀県生まれ。1984年横浜国立大学工学部金属工学科卒業。同年京セラ入社。同年第二電電(DDI〈現KDDI〉)出向。2003年KDDI執行役員 ソリューション事業本部コンテンツ本部長兼コンテンツ企画部長、2010年代表取締役執行役員専務、2016年代表取締役執行役員副社長、2018年4月代表取締役社長。

2000年代、携帯電話のインターネット接続サービスの実現や音楽配信サービスを手がけ、auブランドを築いたKDDIの髙橋誠社長。その成功のカギは、多様なプレーヤーとの協調にあったという。時にライバルの力を借りて自社の弱みを補い、多様なプレーヤーと組んで新しい価値を創造する。時代が携帯電話(3G)からスマートフォン(4G)、そして5Gへと移る中でも、その本質は変わらない。KDDIの競争と協調の歩みを振り返りながら、これからの時代に必要な考え方を提示する。
PDF論文:10ページ[約1,751KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない