2005年9月号

変革リーダーへの進化

リーダーシップの七類型

デイビッド・ルーク

デイビッド・ルーク

ハートヒル・コンサルティング パートナー

ウィリアム・R・トーバート

ウィリアム・R・トーバート

ボストン・カレッジ キャロル・スクール・オブ・マネジメント 教授

リーダーに差がつく原因は、リーダーシップの考え方や人格ではない。実は内なる「行動論理」に左右されるのだ。行動論理とは、周囲の状況のとらえ方などを示すものだが、筆者らは二五年にわたって多くのマネジャーや専門職を対象にテストを実施し、その結果を元に行動論理を七つに分類した。行動論理はパフォーマンスと相関があるが、重要なのは、行動論理はコーチングや研修プログラムによってステップアップできるということだ。本稿では、リーダーシップの七類型について論じると共に、行動論理を進化させる方法についても解説する。

デイビッド・ルークハートヒル・コンサルティング パートナー

ウィリアム・R・トーバートボストン・カレッジ キャロル・スクール・オブ・マネジメント 教授

PDF論文:14ページ[約1,653KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない