2005年10月号

財務リテラシーが不正会計を防ぐ

SOX法以後、大半の監査委員会が強化

ローマン・L・ワイル :シカゴ大学経営大学院 教授

ローマン・L・ワイル

シカゴ大学経営大学院 教授

CEOの業務執行を監督する取締役会のなかで、とりわけ監査委員会はその責は重い。ところが、シカゴ大学経営大学院における会計学の泰斗、ローマン・L・ワイル教授は、現実の監査委員会の能力ではまったく心もとないと指摘する。内部統制に関して、アメリカの規制当局は事実上、監査委員会の財務会計能力に問題がある企業の内部統制には、不適正の監査意見を下すよう、外部監査人に求めている。SOX法コンプライアンスに取り組むうえで、監査委員会の財務会計能力の向上は必須である。

ローマン・L・ワイルシカゴ大学経営大学院 教授

PDF論文:10ページ[約920KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない