Westend61/Getty Images

コロナ禍で在宅勤務に移行したことで、多くの家庭に対立の火種が生まれている。仕事と家庭の境界線が曖昧になっただけでなく、料理や掃除といった家事に子どもの世話、遠隔学習のサポートと責務が増え、多くのカップルが最適なバランスを見つけられず、いら立ち、時には非難の応酬となる。最悪の場合、関係解消や離婚につながることもあるだろう。これらの危機を乗り越えるために、筆者らは仕事で習得した交渉術を家庭の問題に適用することを提案する。パートナーと一緒に摩擦の原因を特定し、批判ではなく問題自体に対処することで、関係を改善できるという。


 新型コロナウイルス感染症のパンデミックによるストレスは、多くの家庭に火種をもたらした。固い絆で結ばれていたはずのパートナーシップでさえダメージを受けたり、関係を解消することになったり、地域によっては離婚相談が続出して家族問題専門の弁護士たちを閉口させたりしている。

 料理や掃除、子どもの世話や在宅学習といった家庭内で増加する責務と、在宅勤務で生じる需要とのバランスを保つことは、カップルにとってますます重荷になっている。

 家事労働をめぐって、すでに存在していた男女格差が、コロナ禍の生活でいっそう悪化しているという研究報告が世界各地で相次いでいる。有給の仕事と無償の労働の分担に関して、男性よりも女性のほうがはるかに不満を募らせていることが明らかになっているのだ。

 いまなお進行中の危機を切り抜けようとしているカップルは、この家庭内での仕事の分担と、仕事と家事との間の境界線をどう維持するかについて話し合うべきであり、すでに話し合いをした場合も再度話し合うべきである。筆者らが最近編集した書籍Research Handbook on Gender and Negotiation(未訳)でも明らかにしたように、摩擦の原因を理解し、仕事の問題解決で使うスキルとしてすでに身につけている交渉術を家庭内に持ち込めば、カップルの関係を改善できる。