2021年3月号

従業員はアルゴリズムで管理できるのか

科学的管理法の功罪

ピーター・キャペリ :ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

ピーター・キャペリ

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

ペンシルバニア大学ウォートンスクールのジョージ W. テイラー記念経営学講座教授。同校人材センター所長。著書にWill College Pay Off?: A Guide to the Most Important Financial Decision You'll Ever Make, PublicAffairs, 2015.(未訳)などがある。

人材マネジメントは、テイラーの「科学的管理法」に代表される最適化アプローチで行うべきか、それとも、メイヨーらが打ち出したような従業員を公正に扱う手法を取り入れるべきか。労働者の創意工夫を促す後者が優勢だった時もあるが、最近は人工知能(AI)などテクノロジーの進歩によって前者手法の魅力度が増している。いくつかの事例を検証し、実際は両者には一長一短があり、バランスよく組み合わせることが効果的であると論じていく。
PDF論文:11ページ[約2,039KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない